NEWS & TOPICS

お知らせ

【葬儀】先輩社員の紹介(たまのや・納棺師)

皆さんこんにちは。
こころネット人事部の青木です。
今月はこころネットグループ各社で活躍する先輩社員の皆様をご紹介させていただいています。

今回ご紹介するのは葬儀のたまのやで活躍する蓬田さんです。
入社3年目の蓬田さん。
入社試験を受ける時に『葬儀の仕事がしたい』と熱意を持ってお話されていました。入社後も『納棺のお手伝いをしたい』という希望をしっかりと叶え、真面目で丁寧な仕事ぶりから上司からも厚い信頼を寄せられています。



◆◆◆◆

(株)たまのや
福島事業部営業第一課ピュアレスト担当
蓬田 希実さん
(桜の聖母短期大学 キャリア教養学科 卒業)

 

現在の仕事内容
一般的に納棺師と呼ばれる仕事です。
故人様をお棺へ入棺する儀式である納棺式を、 ご遺族の皆様と一緒に進行します。納棺式の前には、故人様の身だしなみを整えさせて頂きます。 お髭を剃ったり、お化粧をしたり、 白装束やご生前愛用の洋服などにお召し替えたりします。
安らかなお姿に近づけることでご遺族から「眠っているみたいにしてくれて、ありがとう」などのお言葉を頂くと、やりがいのある仕事だと感じます。

 

この会社を選んだ理由
高校生のころ祖母が亡くなった時、納棺師という職業を初めて知りました。
納棺師の方が祖母を白装束に着せ替えて、お化粧をしてみるみる綺麗になっていったことに感動したことを覚えています。
就活のため合同企業説明会に参加した際に、たまのやの説明を聞いてその思い出がよみがえり、納棺師になりたいと入社を決めました。

 

入社後1年間の仕事内容 
入社後1年は現在のピュアレスト担当ではなく、 儀典担当の業務に就いていました。 儀典担当の業務内容は、 通夜や葬儀に向けて式場の準備を整え、式典の中では会葬者の誘導などを行います。 式典を滞りなく進めるための大切な業務です。

 

会社のここが好き
 上司や先輩が優しく温かいところです。新入社員の時も部署を異動した時も、業務を優しく教えて頂きました。心配な事や迷う事があっても、経験豊富な先輩方にサポートして頂けるため、何事にも挑戦できています。

 

この会社だからできる仕事とは
納棺師の部署を自社で所有していることは、たまのやの強みであり、たまのやだから出来ることだと思います。納棺だけでなく、ご葬儀全体に携わることができます。

 

今までで一番印象に残っている事
 
一番印象に残っていることは、私と同い年で亡くなった女性の故人様をご納棺したことです。
故人様のお母様が私と比べて、故人様のお話しを聞かせてくださいました。 1ヵ月ほど経ち、法事担当者が打ち合わせに伺った際、お母様が私の話をしてくださったと聞き、納棺師は時間が経ってもずっと心に残る仕事なのだと体感しました。

 

この仕事で身につくもの
 
葬儀という専門性の高い業種のため、もしもの時のご供養について知識が、自分の両親より身に着きます。 接客するなかでは、丁寧な言葉づかいや所作が身に付きます。 

 

この仕事をする上で特に向いていると思う性格について
 ご遺族の気持ちに寄り添える聞き上手な方や、お化粧などの繊細な作業が好きな方はきっと向いていると思います。
故人様のご生前のお姿は、ご遺族にお話を伺うことでしか想像できません。ご生前のお話から新たなご提案をしたり、お化粧の雰囲気を変えたりとサービス向上に努めています。
同時に、ご遺族も故人様への想いを口にすることで、グリーフケアに繋げていけるのではないかと感じています。

 

向いていない性格
  気持ちの切り替えが苦手な方は、気持ちが不安定なご遺族と接することで自分まで落ち込んでしまうかもしれません。
ご遺族のお悲しみやお辛い感情に寄り添うことはとても大切ですが、 自分自身の気持ちの切り替えもとても大切です。 この仕事は切り替え上手な方が多く、 普段は社員同士で談笑しながら和気あいあいと過ごしています。

 

学生に向けてメッセージ 
 コロナ渦での就職活動は、私たちの世代よりもきっと大変だろうと思います。頑張りすぎて体調を崩さないように、無理せずお過ごしください。 もし一緒に働く機会や、よろしくお願いします。

 

仕事道具の紹介
  

故人様へ処置を行うときに使うバッグです。お化粧品や、くしやカミソリ、介護用シャンプーなどが入っています。ピンセットは、故人様のお口に含み綿をする時に使用します。

(所属等掲載内容は、2021年10月時点の情報です)

2021.10.06